プレモ・ランスとの日常
生まれて初めてわんこを飼うことになりました。 育児に挫折しかけた私がちゃんと「プレモ」を育てられるでしょうか? さてさて どうなりますやら…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
背負うもの
昨日のブログとは打って変わり
かなりネガティブな私の心情が絡んでくるし
言い訳がましいこともあるかも知れません。
不愉快に思われる方もいらっしゃるでしょうから
暗い話を好まない方はスルーしてください。
後ろは振り向かないがもっとうの私ですが
プレモがああなってしまって 正直悔やむことが多いです。
先生の口調を「何してくれたんだ?」的に私が受け取ってしまうのは
白内障の手術はデリケートな手術だから
人間でいうと「下も見るな」くらいな安静さが必要だと言われたこと
検診の前日 私たちはプレモを連れて実家に行きました。
それをお出かけとし そんな外出させるなんてと攻められれば
そうなのかもしれません。
でもそれが我が家にとって絶対安静を考えての行動であったことも確かです。
プレモに何かあったら 私の責任
術後の経過は飼い主のお世話しだいと聞いていたので
私なりの努力をしました。
目薬はすべ私が管理し 一度も欠かしませんでした。
飲み薬もエリザベスで食べにくいであろうプレモのために
何粒かずつ手でやり それに薬を混ぜて確実に食べたか?
確認しながらやりました。
なるたけプレモの様子を見ていたかったので
ほとんど出かけず買い物も仕事の帰りに済ませ
仕事中の2時間のお留守番はランスとは完全にわけて
プレモはゆっくりお昼寝していられるようにしました。
家でも なるべくそばにいるようにし撫でて過ごしました。
ただの怠け者だと言われればそれまでですけど
今年は大掃除も手抜きだなぁ~!くらいで
もしかしたらプレモは望まなかったかもしれない手術
だからこそ一番苦痛の少ない状態を保ってやりたかった。
いつもはアレルギーがあるからとあまりあげないおやつも
このくらいの楽しみは、と食べなれたおやつを上げる回数も増えました。
が 散歩がないので太ってはいけないと ご飯は少なめ
もともとおとなしい仔なので 激しく動き回るということもないし
ランスの散歩もプレモが寝ている時にそっといきました。
だから外に出したのは実家にいく車までと
病院に行く車まで
それ以外は術後外に出たことはありません。
だから用足しも家の中
なぜかよく外して汚してくれました。
もともと散歩はどうしても必要な仔ではないですけど
置いてきぼりにされるのを嫌います。
だからこそ 半日以上のお留守番は考えられなかった。
息子の学校の三者面談も 前倒しで術後にかからないようにしたし
再び呼び出しを食らっても 家族が闘病中とお断りしました。
半日留守番させればきっとその間泣き続け ストレスになるだろうと思ったからです。
その甲斐あって プレモの術後の経過はすこぶる良いものでした。
明日検診日と言うあの日
病院より近い実家 プレモ ランスにとっても勝手知ったる我が家のようなもの
経過もいいし 両親も心配していたし
元気な姿見せてやりたいとも思ったし
目薬もあるし 半日鳴かせるよりは
と置いていくという選択は全くありませんでした。
「私たちも行かない」ということ しようと思えば正直できました。
悔やまれるとしたら それをキャンセルすればよかったのでしょう。
ただそれが打撲につながるか?
体的な負担になったか?
それらが原因だと言われたら
パパが帰って来た時のプレモのテンション
目が見えなくてしょっちゅうぶつかっている事
ランスが絡むことのほうが危険だと思われるし
わが家でそれを四六時中 見てやることは私にはできなかった。
車に乗せて出かけたことを責められたら
病院には車で倍の時間がかかっているし
それがプレモに負担になる事例とは思いもよらなかった。
浅はかだったのかもしれませんね。
自分自身を責める一方です。
ただ術後の先生の電話で
炎症が思ったより深いところまであったということを聞き
原因が打撲ではなく炎症により眼圧が上がり破裂という線も出てきました。
今を持って何がはっきりした原因かはわかりませんが
内的なことが原因である場合のほうがこの先の治療が心配されます。
もともとアレルギー持ちということがあり
そういったことで炎症の動向が先生も読めず
退院のめどが立たないのだと思われます。
ただ原因が何であれ
事実としてプレモは眼球破裂というようなつらい状態になってしまいました。
本当に見ていられない状態だった。
ぐじゅぐじゅで開かない目 辛くて寝ているだけ
時折頭を上げ周りをうかがうけど 見えてない。
熱で体は震え ハアハア荒い息
相当痛いはずだと先生から聞いた後は
「プレモ 本当にごめん 本当にごめん」しか言ってあげられなくて
それでも なくことも 痛がることも いやがることも 暴れることもなく
おとなしく私の腕に抱かれ耐え忍んでいたんだと思うと本当にけなげで
かわいそうで泣きそうになるけど
私が動揺するとその気持ちが伝わるといけないと思い
抱っこしながら「大丈夫だよ」「しんどいね」「痛いね」「もうちょっと頑張ろうね」
「ずっとそばにいるからね」「母さんはここだよ」なんて言いながらさすってやることしかできなくて
私自身も何度となく心が折れそうでした。
でも基本辛くても くやしくても
なんでも「泣いたら負け」と思っているし
今回一番泣きたいのは私でなくプレモだろうし
私が泣いたって何も変わらないし何の足しにもならない
ならば プレモが治った時にうれしくて泣こう!
そう決めました。
後ろを見ない 後悔しないがもっとうですが
いまさらどうしようもないけど今回は後悔だらけです。
お出かけしなければよかった。から始まり
最終的には手術するという選択をしなければよかったと
あの時は手術すれば治る白内障という病
手術して治るなら飼い主としてやってやるのが最善の方法
と思っていた。
今回のプレモのことがあり
良かれと思ってやったことでしたが
結果はプレモに苦痛を与えただけだったように思う。
視力を残してやろうと思ってやった手術
現状どうやら視力は望めそうにないし
見えなくなるのを早めたうえ 苦痛を伴い 突然見えなくしちゃったのなら
だんだんと少しずつ見えなくなる方がよかったよね~ プレモ。
もしかしたら あのまま白内障の進行具合もゆっくりで見えるままだったかもしれないし。
どういう状態であれ現状よりはよかったはず
半日ほどでみるみる悪くなったプレモ
白内障を見つけた時もそう
あれ?ちょっと白いような?と思ったら1か月くらいであっという間に悪くなり
急性アレルギーの時も おかしいなと思ったら突然悶絶しだした。
瞬膜がいつもより出てるな?と思った診察の前日
別件で眼科に電話し 瞬膜の件を伝えたが本日の診療はできないので
心配であればかかりつけ医にかかってください。と言われたのだが
その日は日曜日 かかりつけ医はお休みでどうすることもできませんでした。
急性アレルギーの時もそう 診てくれなくても相談だけでもしたかったけど
かかりつけ医とは連絡取れず 結局救急に行ったが治療の方法がなく見守るだけ
急に病状が悪化した時 診療時間外だったらどうしたらいいのか?

早く元気なプレモが帰ってきてほしい
早く会いたい さみしいよ
と思う反面 術後の管理でまた何かあったら?と思うと怖くて
プレモの事 こんなことがあるとちゃんと私が出来るのか
不安で不安で仕方なく自信がもてないのです。

それと 我が家は今後もしランスが白内障と診断さることがあるなら
手術はせず 見えなくなるならそれはそれでありのままを受け入れ 
上手に炎症と近場のかかりつけ医と相談しながらお付き合いしていく方法を選択すると思います。
本来なら絶対に口にしないいまさらどうしようもない泣き言をつづっておりますが
その辺は誰にも言えないのではけ口だと思ってご了承ください。
これにて忘れます。

ただ 今後手術を考えている人のために
手術を決めたら絶対安静
あまり軽く考えないでください。
「これくらいはいいかな?」はやめておいた方がいいです。
慎重すぎるくらいで丁度いい
手術代金以外の理由で
「やめる」という勇気も必要です。
でも 犬にとって見えないよりは見えるに越したことはない。
なるべくリスクの少ない状況で
出来るのであればやってあげるべきです。
不具合が出ているのはほんの数パーセント
ほとんどは見えるようになり快適な生活が待っています。
私が行った眼科の先生の技術は疑いようがない
素晴らしい先生にスタッフさん達です。
だからこそ ありえない状況を救っていただけたのだと思います。

アレルギーがあるプレモ
前回の手術の時は食べなれたフードを持ち込みましたが
今回は急な入院になったためそれがありません。
どうやら顔辺りを掻くしぐさがあると先生も気にされていて
くせというのもあるのですが
アレルギーがでてもいけないので
フードを送ることにし 荷造りしてスヌードと一緒に今日送りました。
考えれば考えるほど どよんとしてしまうのですが
ランスがいてよかった。
遊んで~と飛びついて来たり
こうやってパソコンをしていると
いつの間にかそばに来て寄り添って寝ていたり
散歩に出たりすると気分も紛れますね。
ありがとよ ランス。

泣き言が長くなりました。
お付き合いいただきありがとうございます。
プレモが少しでも早くよくなることを私と一緒にお祈りください。









スポンサーサイト
【2011/12/20 15:43】 | ペット(若年性白内障) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ありがたいこと | ホーム | 緊急手術>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://playmo.blog73.fc2.com/tb.php/429-f07681ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

えばん こるてす

Author:えばん こるてす
家にいるのが大好き 
人は私を軽い引きこもりといいます。
アメリカンコッカー「プレモ」との生活でそんなこともなくなる!かな?
新たにクロコカ「ランス」もゲット。
「プレモ」2006/5/9生 シルバーバフ ♂
「ランス」2010/9/14生 ブラック ♂

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。