プレモ・ランスとの日常
生まれて初めてわんこを飼うことになりました。 育児に挫折しかけた私がちゃんと「プレモ」を育てられるでしょうか? さてさて どうなりますやら…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
病院選び
本日バトミントンの市民大会
ダブルスの試合です。
案の定 昨日のディスク投げがたたり
ふくらはぎ 肩が筋肉痛です。(パパは全身痛いって!ぷっぷっぷっ)
前回中級でまぐれ優勝しちゃったので格上げで今回から上級参加
ありえね~!
ダブルス組んでくれたMさんはずいぶん前から上級者なので
迷惑かけないようにと努力しましたけど
まったく空回りで 目標1勝でしたが
1勝どころか 1セットも取れず惨敗 とほほな結果でございました。
昨日の筋肉痛にプラスして
明日はもっと体中が痛くて大変なことになっているのでしょうな~!
と悲しいお話はさておき
昨日動物病院にふれたのでそんな流れで病院について
このあたりは動物病院が少なく
車を運転しない私にとっては何かと不便だったのですが
今年立て続けに動物病院が開院し
近い以外のところで選べるようになりました。
皆さんは病院 どのように選んでいるのでしょうか?
動物病院と一言で言ってもその中身はさまざま
人で言うデカい総合病院であればどんな症状でもその科のお医者様に診てもらえば問題ないのですが
相当でっかい動物病院でなければ人で言う町の診療所だと思ったほうがいい。
人だったら診てもらう先生が何科の先生か?気になりますよね。
それと一緒でその病院 そこの先生が何に強いか?を知っておくと
何かあった時役に立つ気がする。
総合的に動物なら何でも見る病院 鳥からハムスター カメや爬虫類を診てくれるところなんかもあるそうです。
猫に強い病院
犬に強い病院
内科的なことに強い
アレルギー的なことに強い
外科的なことに強い
ほか
経験を積んだベテラン先生の病院
最新機器を入れた病院
ホテルやトリミングもある病院

プレモは最初
町に古くからあるベテラン先生のところに通っていました。
今も基本的にはかかりつけはこの病院です。
なかなか治らない外耳炎に何度か違う病院を受診しました。
そのなかで今年開院した病院で処方された薬との相性が良かったのか
あれほどしつこかった外耳炎がケロッとよくなり
その後 再発することなく今でも良い状態を保っています。
痒くて臭くてもたれ耳の犬種は仕方ない。と
一生のお付き合いだと言われていたので
私にとってはマジックです。
ただ その時気になってたプレモの目の診察もしていただいたのですが
白内障は見つけられなかったのです。
その後すぐにかかりつけに相談したらすぐに白内障だと診断され
今に至ります。
白内障は放置か?手術しか手はありません。
たぶん 動物病院のかかりつけ医が白内障の手術をしてくれるというところもあるのでしょう。
前にもふれたかもしれませんが
私どものかかりつけ医も以前は白内障の手術もしていたのだそうです。
今は手術を望む場合眼科専門病院を紹介されます。
その理由は(本当のところはわかりませんが)
先生曰く「僕がやるよりも数段、技術が違う あの先生に任せれば安心」ということ
機材もかかりつけ医にあるものが数百万だとしたら
眼科専門病院のものは数千万と人のものと変わらない機材なんだと。
眼科専門病院ではプレモの手術は少しリスクの高い手術になるかもしれないと言われ
不安が残りましたが
先日かかりつけ医に健康診断行った時 不安が残る旨話しましたら
「まあ リスクがあるって言ったそうだけど大丈夫 あの先生なら問題ない
そんなに難しい手術じゃないよ。」
とおっしゃっていただき 少し安心しました。
ただ 専門的にそういった技術 機材を使うので費用も高くなるのは仕方ないと…
もし かかりつけ医にお願いした場合の費用はいったいいくらくらいなんだろう?
やっぱり全然違うんだろうか?
こういうことが起きなかったら
動物の眼科専門病院がある事さえ知らなかった。
何かあった時最良の方法を選んでやりたい親心
そのためには無知って恐ろしい。
犬の白内障の手術も人間のそれよりどうしてもリスクの高いものになってしまうんだって
それは人間は少しでも見え方に不具合が生じたらすぐ病院にいき
初期の状態で手術ということになるが
犬の場合 ほとんどが白くなってしまってから気が付くことが多いので
その分手術も難しくなり リスクも上がる。
術後も人間は絶対に触らないで 目薬は忘れずにといえば
たいていの人はそれを守るが
犬は言ったところでわからないし
違和感があれば触るし目薬を自分ではさせない。
触ることを阻止し 目薬を忘れずさせる環境
それが必須
こういったことでもペットって飼い主によってその一生が左右されるんですね。
涼しいを通り過ぎ 寒くなって
やっとプレモのアレルギーもなりを潜め
剥げていた毛が生えて参りました。
フードをかえて数か月 アレルギー症状がよくなったのは
フードをかえたからか?季節がよくなったからか…
それがわかるのは来年の暑くなるころか~!
アレルギーもその筋の専門病院に診せなきゃいけないほど
悪化しませんように願うばかりです。

スポンサーサイト
【2011/11/27 15:53】 | ペット(病気) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<筋肉痛です。 | ホーム | ディスクドックへのほんの小さな第一歩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://playmo.blog73.fc2.com/tb.php/420-a4d2b5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

えばん こるてす

Author:えばん こるてす
家にいるのが大好き 
人は私を軽い引きこもりといいます。
アメリカンコッカー「プレモ」との生活でそんなこともなくなる!かな?
新たにクロコカ「ランス」もゲット。
「プレモ」2006/5/9生 シルバーバフ ♂
「ランス」2010/9/14生 ブラック ♂

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。