プレモ・ランスとの日常
生まれて初めてわんこを飼うことになりました。 育児に挫折しかけた私がちゃんと「プレモ」を育てられるでしょうか? さてさて どうなりますやら…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
筋肉痛です。
本日見事に筋肉痛
こんなところに筋肉ってあるんだ~っくらい
変なところが痛い。
かがんでも 背伸びしえも 横向いても 座っても
どこかを動かすとどこかが痛い。

プレモとランスにおやつの時間はありません。
たぶん あまりおやつはやらない派
でもランスが幼い頃 食糞男だったので(ひかないで~)
大きいほうしたらハウスに入りご褒美としておやつもやっていた名残で
今もその時だけはあげています。(復活したら…という恐怖からやめられずにいます)
その時はプレモもおこぼれに…
ただおやつなかなかいいものがなくて
大きさとか 日持ちするもの でも無添加希望とか
プレモにも上げるのでアレルギーの出そうなものは控えたり

と最近のヒット
大きさも小っちゃくてちょうどいい
無添加(らしい)
味もいろいろ
何より可愛いんだ!
http://wanmart.aj.shopserve.jp/index.htm取扱ショップがあまりなくて
ヤフーショッピングでもどこか取り扱ってくれるといいのに…
ローストチキンの袋あけました。
どぎついにおいはいたしません。
食べてみる かたくて薄味
お世辞にもに人間がおいしいと思うお味ではございませんが
プレモもランスも目を輝かせて足元でお座りしながら
尻尾がふりふり
食いつきOK
価格もお財布にやさしいのがGOOD!
スポンサーサイト
【2011/11/28 18:03】 | ペット(お気に入り) | トラックバック(0) | コメント(2)
病院選び
本日バトミントンの市民大会
ダブルスの試合です。
案の定 昨日のディスク投げがたたり
ふくらはぎ 肩が筋肉痛です。(パパは全身痛いって!ぷっぷっぷっ)
前回中級でまぐれ優勝しちゃったので格上げで今回から上級参加
ありえね~!
ダブルス組んでくれたMさんはずいぶん前から上級者なので
迷惑かけないようにと努力しましたけど
まったく空回りで 目標1勝でしたが
1勝どころか 1セットも取れず惨敗 とほほな結果でございました。
昨日の筋肉痛にプラスして
明日はもっと体中が痛くて大変なことになっているのでしょうな~!
と悲しいお話はさておき
昨日動物病院にふれたのでそんな流れで病院について
このあたりは動物病院が少なく
車を運転しない私にとっては何かと不便だったのですが
今年立て続けに動物病院が開院し
近い以外のところで選べるようになりました。
皆さんは病院 どのように選んでいるのでしょうか?
動物病院と一言で言ってもその中身はさまざま
人で言うデカい総合病院であればどんな症状でもその科のお医者様に診てもらえば問題ないのですが
相当でっかい動物病院でなければ人で言う町の診療所だと思ったほうがいい。
人だったら診てもらう先生が何科の先生か?気になりますよね。
それと一緒でその病院 そこの先生が何に強いか?を知っておくと
何かあった時役に立つ気がする。
総合的に動物なら何でも見る病院 鳥からハムスター カメや爬虫類を診てくれるところなんかもあるそうです。
猫に強い病院
犬に強い病院
内科的なことに強い
アレルギー的なことに強い
外科的なことに強い
ほか
経験を積んだベテラン先生の病院
最新機器を入れた病院
ホテルやトリミングもある病院

プレモは最初
町に古くからあるベテラン先生のところに通っていました。
今も基本的にはかかりつけはこの病院です。
なかなか治らない外耳炎に何度か違う病院を受診しました。
そのなかで今年開院した病院で処方された薬との相性が良かったのか
あれほどしつこかった外耳炎がケロッとよくなり
その後 再発することなく今でも良い状態を保っています。
痒くて臭くてもたれ耳の犬種は仕方ない。と
一生のお付き合いだと言われていたので
私にとってはマジックです。
ただ その時気になってたプレモの目の診察もしていただいたのですが
白内障は見つけられなかったのです。
その後すぐにかかりつけに相談したらすぐに白内障だと診断され
今に至ります。
白内障は放置か?手術しか手はありません。
たぶん 動物病院のかかりつけ医が白内障の手術をしてくれるというところもあるのでしょう。
前にもふれたかもしれませんが
私どものかかりつけ医も以前は白内障の手術もしていたのだそうです。
今は手術を望む場合眼科専門病院を紹介されます。
その理由は(本当のところはわかりませんが)
先生曰く「僕がやるよりも数段、技術が違う あの先生に任せれば安心」ということ
機材もかかりつけ医にあるものが数百万だとしたら
眼科専門病院のものは数千万と人のものと変わらない機材なんだと。
眼科専門病院ではプレモの手術は少しリスクの高い手術になるかもしれないと言われ
不安が残りましたが
先日かかりつけ医に健康診断行った時 不安が残る旨話しましたら
「まあ リスクがあるって言ったそうだけど大丈夫 あの先生なら問題ない
そんなに難しい手術じゃないよ。」
とおっしゃっていただき 少し安心しました。
ただ 専門的にそういった技術 機材を使うので費用も高くなるのは仕方ないと…
もし かかりつけ医にお願いした場合の費用はいったいいくらくらいなんだろう?
やっぱり全然違うんだろうか?
こういうことが起きなかったら
動物の眼科専門病院がある事さえ知らなかった。
何かあった時最良の方法を選んでやりたい親心
そのためには無知って恐ろしい。
犬の白内障の手術も人間のそれよりどうしてもリスクの高いものになってしまうんだって
それは人間は少しでも見え方に不具合が生じたらすぐ病院にいき
初期の状態で手術ということになるが
犬の場合 ほとんどが白くなってしまってから気が付くことが多いので
その分手術も難しくなり リスクも上がる。
術後も人間は絶対に触らないで 目薬は忘れずにといえば
たいていの人はそれを守るが
犬は言ったところでわからないし
違和感があれば触るし目薬を自分ではさせない。
触ることを阻止し 目薬を忘れずさせる環境
それが必須
こういったことでもペットって飼い主によってその一生が左右されるんですね。
涼しいを通り過ぎ 寒くなって
やっとプレモのアレルギーもなりを潜め
剥げていた毛が生えて参りました。
フードをかえて数か月 アレルギー症状がよくなったのは
フードをかえたからか?季節がよくなったからか…
それがわかるのは来年の暑くなるころか~!
アレルギーもその筋の専門病院に診せなきゃいけないほど
悪化しませんように願うばかりです。

【2011/11/27 15:53】 | ペット(病気) | トラックバック(0) | コメント(0)
ディスクドックへのほんの小さな第一歩
本日木曽三川公園でK9の大会がありました。
ランスをディスクドックにするための第一歩として
ディスクのグループレッスン 個別レッスンがありましたので
今回初めてグループレッスンを申込み、参加してまいりました。
ランスと一緒にディスクをするのはどっちか?
ディスクを投げるのは上手なパパ
ランスのテンションを上げるのが得意な私ですが
話し合った結果
やはりディスクを投げるのが上手で
何よりパパLOVE❤なランス
パパが一緒にやる方がいいだろうということで
パパ&ランスが参加
最初は飼い主が投げ方の講習 結構ながいことやっていましたよ。
その間プレモとランスは私と離れたところで待っていたのですけど
パパのところに行きたい パパのところに行きたい!と
2匹でキャンキャンうるさいこと
それが終わり いよいよそれぞれの犬を連れて一組ずつ囲われたコートに入って投げてみます。
一番がランスチームだったので
プレモとコートの外で見ていたのですけど
ランスがプレモもしくは私を探して気が散っているようなので
見えないところに場所を移しまして
画像もどんな様子かもわからずじまい。
でもね。先生が投げた一投をまぐれか?キャッチできたんですって!すごい。
今日はディスク初キャッチのお祝い日です。
グループレッスンでしたがたくさんのアドバイスをいただき
パパ大満足だったようです。
ディスクドックになれるのか?が一番の問題でしたが
先生からも「もうできるよ。大会参加もできるよ。」と言っていただき
お世辞か?営業トークでもとてもうれしかった。
この講習だけにとどまらず家でも毎日少しずつ練習して
パパの手から投げたディスクを初キャッチ目指せ!
3か月練習してみてダメならディスクはやめた方がいいんだって
向いてないということらしい。
でもね 「できる」って言ってもらったからそれを信じてがんばりま~す。
とりあえず今年はもう終わりなので
来年の目標 まずは大会参加で初キャッチ 出来れば賞状ほしいなぁ~!と目標は少し高く。
ビビりんちょランスをディスクにならすために
小さいものを使っていましたが
これだと投げにくいということでもう少し大きいものを今回購入
ディスクも簡単に投げられると思っていたパパも
犬が追いかけやすい 咥えやすい投げ方 一直線に遠くに投げることのむずかしさに
練習開始
その相手をして投げ返していただけの私 もうすでにふくらはぎと右肩辺りが痛いんですけど。
明日 確実筋肉痛!
もともと興味のあったディスクですけど
愛犬と参加できるとあってパパ やる気に火が付いたようですよ。
レッスン参加の時も先生に「パパさんがあれだけ楽しそうにやっているのがいい!」
って!
ディスクドックでは大先輩のアベル君とyokoさん
大会を見学する場を作ってくれた桃ちゃん&仁くんとNORIさんがいなかったら こういう楽しみ知らずにいたな~!とつくづく
きっかけを作って下さって本当にありがとうございました。

そうそうこの日ハプニングがありまして
先生のボーダーコリーの具合が悪くなり
胃捻転ではないかと…
木曽三川エリアが地元ではないためかかりつけの医者に行くということもできず
このあたりに土地勘がある方 動物病院がわかる方などが本部に集まりました。
遠くから遠征されている方も多く
たぶん 我が家が一番近いかも?って感じだったのに
そんな日に限って私携帯電話家に忘れてるし
携帯持っていたところで動物病院の連絡先が入っているわけではないけど
友人に電話して聞いたり 何かしらもう少しできることがあったかもしれない。
また悪いことに12時をまわっていて
診察終了している時間 
何とか搬送先が見つかり 病院に向かったようですが
その後どうなったのだろう…
胃捻転 発症してから2時間が勝負だそうで
2時間以内に手術できないと命を落とすことになるのだそう。
また胸の深い犬種に多いということで スポーツをさせるに当たり
途中のお水の飲ませかた 食事のとらせ方にも注意が必要とアナウンスがありました。
何の予告もなく急に来るようですよ。
症状としては吐きたそうな でも出ない苦しい様子でおなかがはってくる。
少し高齢のそのボーダーも頭とお尻を下げ 尻尾は格納
上目使いで「しんどいよ」と訴えていました。
そんなことがあり 家に帰って 早速携帯に動物病院の連絡先を登録しました。

一日たっぷりとK9の大会を堪能
明日も来たいところですが
私のバトミントンの試合があり残念ながらいけません。
明日参加のコッカー軍団 がんばれ~!


【2011/11/26 21:28】 | ペット(ディスク) | トラックバック(0) | コメント(6)
健康診断
皆元気にしているのですが
先週12・13日と私一人お泊りで東京のデザインフェスタに参加しておりました。
趣味のミニチュアをグループで出展
そんなこんなで作品つくり 用意 荷造りなど
バタバタしておりましてご無沙汰!
やっと東京から戻りさ~てパソコンでも
と思ったら 急な不調にパソコンが一週間ほど入院しておりまして
とんだことでございました。
さてさてその後のプレモ
別に 普通に毎日を過ごしております。が
左目は完全に真っ白です。
でも瞳孔は開いたり閉じたりしているので
光は感じているのでしょう。
おもちゃも投げると見失います。
そして ランスに取られます。
かわいそうなプレモ…
とお思いでしょうが もともとそういうキャラですので悲観することはありません。

本日は手術前にかかりつけの病院で全身麻酔しても問題ないか?
という健康診断を受けてくるように言われておりましたので
仕事が終わり家に帰ってすぐ
プレモだけ病院へ 自転車の前かごに入れて行ってまいりました。
ランスはお留守番 出かけにドアを閉めるなり
さみしくて「キャンキャン」鳴いています。
こいつ プレモの入院中 一人で留守番 大丈夫なのか?
さてプレモは寝ているところを起こして連れてきたのがいけなかったのか?
少し風が冷たかったのか?
ぶるぶる震えています。
病院でもほかのわんこがいるにもかかわらずやたらとおとなしくて
私の足の間で「お座り」といえば座り
「伏せ」といえば伏せているような大変良い仔でした。
病院前で 大も小も済ませたので
診察台でもビビりションもなく
おとなしく聴診器を当てられ 血をとられました。
健康診断というのもピンからキリまであり
一般的なものから レントゲンや心電図 CTを取るものまでござますが
プレモは一般的な検査で大丈夫でしょう。と
一番簡単なものでした。
血糖値や肝機能 血小板 白血球など検査項目もすべて正常値で問題ないと言われ
ほっとしました。
ただ 眼科でもらっていた炎症を抑える目薬が切れ
しばらく差さずにいたら悪いほうの目の充血が出てきたので
心配で その旨 相談
かかりつけ医が眼科センターに問い合わせてくれて
術前に差すようにもらっている目薬3本の中から
③の目薬をもう始めてください。ということになり
そうするとたぶん術前にはなくなってしまうだろうから
かかりつけの病院でその目薬を取り寄せているのでなくなったら取りに来てください。と
もし最悪間に合わないようなことがあったら
眼科センターから直接送ってもらうようにしてくれるそうです。
ということで一日4回の目薬が始まりました。
このたびの健康診断
初診料525円
身体一般検査525円
血液検査 1050円
血液生化学検査(PANEL-1)1470円
血液生化学検査(シングル9項目)1890円
合計5460円
でございました。
本当は この時期そろそろ予防接種
いつもは5種をお願いしているのですが
どうしたらいいか?聞きましたら
予防接種は手術が終わってしばらくしてからにした方がいいでしょう。
ということで お預けです。
近いうちにランスだけ お願いなきゃ。
昨年はランスもケンネルコフでなかなか予防接種 狂犬病注射ができず
大変だったな~!ということを思い出した。
もっと寒かったもんね~!
そう思うと本当に今年は暖かい。
【2011/11/18 17:47】 | ペット(若年性白内障) | トラックバック(0) | コメント(1)
あまりよろしくない結果
7日はプレモの白内障の前検査の日でした。
前日より絶食 絶水
これだけでも辛い。
当日は10時入り 検査
お迎えは夕方5時です。
病院に入るとき車で待たせたランスが置いてきぼりにされたとキャンキャン吠え
プレモを病院の受付に渡して外に出ようとすると
今度は不安そうな顔になったプレモがわんわん。
「かわいそうに…」
車に戻った私たちを見てランスは安堵顔
プレモを預けている間 家に帰るには遠いしと
途中の実家にて休憩
ちょうど点検の時期が重なったので車を点検に出して
せっかくなので自転車で栄に行ったりしました。
その間ランスは実家でお留守番です。
用事を済ませ夕方お迎えに…
2・3人の患者さんがいてその中に
一週間前に白内障の手術をしたというAコッカーちゃんがいました。
その子はまだ一歳なのに両目とも若年性白内障
もう少ししたらまた片方の目を手術するそうです。
その方も私たちより遠いところから通われているそうで
でも 大事な家族なのでと手術を決心されたのだと。
さてさて プレモですが
呼ばれて検査の結果を聞きましたが
正直よくないものでした。
真っ白になっている左目はほとんど見えておらず
現状は右目で生活しているのだそうです。
いろんな要因があり(説明はちゃんと受けましたが長くなるので端折って)
手術をしても網膜剥離になるリスクが高く
危険が伴うので出来ないわけではないけれど
できればしたくないと。
今見えている右目も白内障は始まっており
このままの状態が続くか
左目のように一気に進行するかはわからず
今するか もう少し悪くなってからするか?それは飼い主さん次第と。
ただもう少し待ったその時の状態がどうなっているか?
左目のように危険を伴う手術になってしまうかもしれないし…
ただ 現状の右目も検査の結果少し厄介なことになっている可能性がみられ
(レンズの底の部分にクモリがみられレンズ内部を抜き取って新しいレンズを入れてもクモリが残るようなら
そのクモリを取り除かねばならない)
難しい手術になるかもしれないということでした。
パパと2人で説明を受け
危険を伴う左目の手術を行うか
今はやめておくか
現状見えている右目の手術をお願いするか
の選択を迫られましたが
説明を聞いて私もパパも答えは決まっていて
危険が伴うならもう左目はあきらめよう
プレモの先を考え 将来のために右目だけは残してやりたいと
今一番リスクの少ない 視力を残してやる方法を考え
右目の手術をお願いすることにしました。
手術は火曜日と決まっており
来月の都合のつきそうな日の予約が取れました。
手術前に家庭ですることなどの説明をしっかり受け
術前の3日間飲ませる薬と 点眼薬をもらい
お迎え日 術後一週間検診までの予約取り
帰ってきました。
検査は全身麻酔だったのでプレモもお疲れです。
精神的なものか?お薬の影響か 微妙に下痢気味でびくびくしていたり
今晩も食事お水禁止なのでかわいそうでした。
パパは金の事ばっかり書くな!といいますが
私もそうでしたが
どんなことして どのくらいかかったのか?
ぶっちゃけ知りたいと思うので
今回も診療明細書
再診料 1050円
眼科検査料①【A】 6720円
UBM&超音波検査 6300円
鎮静料 6300円
網膜電図検査 6300円
隅角鏡検査 3150円
プレドニン5㎎錠 53×6 318円
サイトテック錠 158× 316円
分包料 210円
処方料 21×3 63円
タリビット点眼 1575円
ステロップ 1365円
計 33667円(うち消費税1603円)
でございました。ふぅ~

今日は普通に戻り いたって元気
ご飯ももりもり 普段のプレモです。
ランスもプレモが戻ってきて一安心
ちょっと寒くなった今日
2匹で寄り添って寝ています。
手術は3泊のお泊り 最低限の日にちに抑えられましたが
プレモもランスもどうなる?
こうご期待

そうそう術前にかかりつけ病院で健康診断受けてこないといけないのよね~!
その内容は病院によって違うそうです。
ちなみに眼科とかかりつけのお医者さんは
メールで事細かにやり取りしてくれているのだそうで
こちらから検査結果や診察内容を各先生にお話しする必要はないんです。

手術に向け いよいよ始まります。






【2011/11/08 22:25】 | ペット(若年性白内障) | トラックバック(0) | コメント(6)
いつぞやの公園にて
パパの休みの日にはちょこちょことディスクの練習をしているランスですが
今だ一度もキャッチありません。
というか 投げたディスクを持って帰ってくることさえままならないので
まずそこを直さないといけない気がするんですけど
練習方法さえわからん!
やっぱ一度プロの講習を受けたほうがいいのかな?
というか もともとハードルが高すぎるのか?
子育てと一緒で2匹目のランスにはしつけも適当で
プレモより徹底していない事が多いし できないことも多い。
何を隠そう ランスは今もお座りはできても
お手 伏せは怪しもの。
待てはだいぶできるようになったけどね。
呼び戻しもう~んどうかな?微妙。
運動神経だけで頑張ろうとしてる感じだね。
いつだったか?
プレモの目の病院に行ったときに
モリコロパークに行った時の画像
飛ぶよ
このようにジャンプ力とやる気はあるんですけどね。
プレモはこのように4本脚を全部陸地から離してジャンプすることはありませんが
ランスはうれしい時などもうぴょんぴょん飛び跳ねて喜びます。
公園ではコスモスが満開でした。
コスモスと
そういえば気が付けば今年は365日カレンダーのアメリカンコッカー部門
完成ならずでとても残念。
仲良し
こんな写真も使いたかったのにな~!
【2011/11/06 12:01】 | ペット(遊) | トラックバック(0) | コメント(4)
プロフィール

えばん こるてす

Author:えばん こるてす
家にいるのが大好き 
人は私を軽い引きこもりといいます。
アメリカンコッカー「プレモ」との生活でそんなこともなくなる!かな?
新たにクロコカ「ランス」もゲット。
「プレモ」2006/5/9生 シルバーバフ ♂
「ランス」2010/9/14生 ブラック ♂

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。