プレモ・ランスとの日常
生まれて初めてわんこを飼うことになりました。 育児に挫折しかけた私がちゃんと「プレモ」を育てられるでしょうか? さてさて どうなりますやら…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
かぜひきました
本日目覚めたら のどがいて~!
数日前からちょっと鼻がぐずぐずするなぁ~!気をつけていたつもりだったのに
鼻のかみすぎで 鼻の下、荒れ荒れのずるずる ひりひりします。
やれやれです。
さてさて 最近のプレモの日課は
朝の散歩に行った後 コタツに入っての昼ねです。
コタツ出す前は リビングのひざ掛け用の毛布の上か?中で休憩
こんな感じです。
どこ?
どこにいるかわかりませんね。
どこどこ?
こんなところに
寝てる
すやすやとお休み中です。
ZZZ
でもそこにいると 掃除できないので邪魔です。
外に出された
ということでデッキに出されてしまいました。
恨めしそうな顔でこちらを見ています。
日があたって暖かいから 少しの間そこで昼寝でもしていてください。

スポンサーサイト
【2008/11/26 09:53】 | ペット(遊) | トラックバック(0) | コメント(2)
だめじゃないよね。
昨日テレビでダメ犬のしつけなおしの番組をやっていた。
他人様の犬のだめっぷりを見るのは本当に楽しいのです。
特に暴走犬が大好き 無邪気な振る舞いがなんとも愛らしい
テレビを見ながら だんなともしゃべっていたのですが
ダメ犬と呼ばれる犬の飼い主さんはどの方も人のよさそうな 優しそうな方ばかり・・・
きっと犬がかわいすぎていけないことを強く「いけない!」と言えないできてしまったのでしょうね。
わかるようなきがします。
恐ろしい形相の女性の訓練士さんがすごい音楽と共に登場するのですけど
(女性なのに あの編集はちょっと気の毒・・・)
自分の犬がその方に厳しくしつけられていたら
「そんなこともうできなくてもいいから厳しくしかってやらないで~」ととめてしまいそうです。
それがいけないんですけどね。
タレントのカイヤさんが自分の犬にこっそり「ごめんね」とあやまっていたところが印象的でした。
それでもその女性、撮影スタッフに手作りの差し入れをしたりと
細やかな気遣いのできる 本当はとてもやさしい方なんだなぁ~!と。
でなきゃ 犬の訓練士なんてできないよね~
そこに「愛」があるから 犬もわかるんでしょうね。
どんなダメ犬もとっても優秀なわんこに大変身するのです。
それだけ 犬が賢いってことなんだろうけど
結局 ダメなのは犬じゃなくて飼い主ってことなんだよね。
でもね。こういう番組はどんなにダメ犬でも
飼い主さんはその犬を愛してる気持ちが伝わるから
好きなんです。

現在うるさいからとか制御できないからという理由で
保険所に持ち込まれ 殺傷されている犬たち
ダメ犬といわれようと愛される犬とそうじゃない犬の差って何?
結局は 犬が悪いのでなく 飼い主の問題。
ダメダメ飼い主を減らさないことには 不幸な犬は増えるばかり
きちんとしつけられない 最後まで面倒を見られない飼い主は二度と犬を飼う資格はない。

犬のしつけは「飴と鞭」
いけないことをして「いけない」と同時に怖い思いをすると二度としない
それだけそれを記憶してるってこと
しつけとしての意味ある「怖い想い」ならば犬にとって必要悪かもしれないが
人間の気分で行われる「虐待」を受けた子は最悪です。
飼い主と信頼関係で結ばれなければ生きていけない犬たち
飼い主によってその犬生が決まってしまう これを「運」で片付けてもいいのだろうか?
初めて犬を飼われる方
仔犬のうちは相当なベテランでなければその仔の性格まではわかりません。
だから 里親募集から犬を迎えてみてはいかがですか?
迎えるにあたっていろいろ条件もございます。
決して「ただ」ではありません。
たくさん考えなければいけないことがありますけど
それくらい慎重に犬とのライフスタイルを考えてから迎えてほしいのです。
そうすればきっとあなたにぴったりあった仔を見つけることができると思います。
人間関係にも「相性」があるように
犬とも「相性」があると思います。
単に「かわいい」だけではいけません。
10数年一緒に暮らすのであればやはり「相性」は大事なことのひとつです。
しかし 人間関係と違うところ
「相性」はある程度は犬のほうが歩み寄ってくれます。
なぜなら 犬は飼い主さんなしでは生きていかないからです。
犬からの歩みよりは飼い主さんの力量にかかっています。

我が家も「プレモ」を迎えるまで1年かかりました。
私は犬を飼う資格とか責任とか その犬の犬生を背負えるか?というところまで考え
なかなか踏み出せなかった。
犬という生き物のこともよく知らなかった。
しかし プレモがきて2年が過ぎ
よい信頼関係ができた今 なくてはならない存在です。
大げさだけど私の人生にとってとても大きなものになりました。
思えば2年 これまでいろいろ苦労したことも多い
トイレのしつけ お座り 待てなどの基本動作 上下関係
そういった一つ一つは日々の暮らしの中でひとつひとつ積み重ねてきたものです。
この2年でやっと築いたものだからこそ
よりよい今がある。
突然やってきたものではないわけで
お互いの努力の賜物
2歳までろくなしつけもされず 言うこと聞かないからとさじを投げられた犬の多いこと
しつけは長い目で見て 2年くらいお互いがんばろうよ。
せめて最初の1年精一杯 根気よくがんばればずいぶん違うのに
最初の一年の飼い主の努力がわんことのその後の生活を左右します。
そこをがんばれば 1年後 2年後はなくてはならないパートナーです。
かわいくて 何でも言うこと聞いてくれる
きちんとしつけられていれば お外にでたときも鼻高々だしね。
残念ながら 我が家の愛犬 プレモはそこまでしつけられてはおらず
ちょっとおばかさんではありますが
そんなおバカっぷりも愛せるのでわがやでは「よし」としましょう。
そうそう 最近「ごろ~ん」ができるようになったんです。
おやつもらおうと必死ですけど・・・


【2008/11/14 10:14】 | ペット(しつけ) | トラックバック(0) | コメント(2)
プロフィール

えばん こるてす

Author:えばん こるてす
家にいるのが大好き 
人は私を軽い引きこもりといいます。
アメリカンコッカー「プレモ」との生活でそんなこともなくなる!かな?
新たにクロコカ「ランス」もゲット。
「プレモ」2006/5/9生 シルバーバフ ♂
「ランス」2010/9/14生 ブラック ♂

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。